【殺菌・食中毒】お茶の健康効果は?お寿司にお茶がついてくる理由にあり!

更新日:

「お寿司にはなぜ、お茶がつきものなのか」

実はこれ、お茶の効能に殺菌作用があるからなのです。

このページでは、お茶の健康効果【殺菌・食中毒】について説明しています。

お茶の効能のうち、殺菌・抗菌作用について一緒にみていきましょう。

→ 日本茶 人気おすすめランキング<楽天>



お茶のカテキン4成分を覚えていますか?

日本茶のカテキン成分には、4つの種類があることをすでに学んでいます。

参考コンテンツ:【カテキン】お茶の成分の効果と働き

カテキン4成分とは、

エピカテキン(EC)
エピガロカテキン(EGC)
エピカテキンガレート(ECg)
エピガロカテキンガレート(EGCg)

の4種類です。

このうち、エピカテキンガレート(ECg)とエピガロカテキンガレート(EGCg)には、コレラ菌に対して強い殺菌効果をもつことが確認されています。(1998年 島村忠勝氏らによる)

食中毒を起こす原因の細菌は?

食中毒を起こす細菌は、2つに分けることができます。

一つは、感染型食中毒細菌(腸炎ビブリオ・ウェルシュ菌など)

もう一つは、毒素型食中毒菌(ブドウ球菌・ボツリヌス菌など)

です。

日本茶のカテキン、特にエピガロカテキン(EGC)、エピガロカテキンガレート(EGCg)には、これら2つの食中毒菌が発育するのを阻止する効果があることがわかっているのです。(1989年 原征彦氏らによる)

お茶のO-157への作用は?

さらに、日本茶には腸管出血性大腸菌O-157にも、通常のお茶4分の1の濃度でも殺菌効果があることがわかっています。

また、抗生物質耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)に対しても、お茶のカテキンが低濃度で殺菌効果を発揮することが証明されています。(1996年 島村忠勝氏らによる)


【殺菌・食中毒】お茶の健康効果まとめ

日本茶の成分、特にカテキンには殺菌や食中毒に効果を発揮することを見てきました。

殺菌効果・食中毒防止作用を持つお茶の健康効果をまとめると、

カテキンは、コレラ菌に対して強い殺菌効果をもつ

お茶のカテキンには、食中毒菌に対して発育防止効果がある

日本茶の殺菌効果は、O-157にも発揮する

ということです。

夏場の食中毒シーズンに限らず、お刺身やお寿司を食べるときは一緒にお茶も飲むようにしましょう。

お茶の殺菌効果を取り入れて、おいしい食事を楽しんでください。





→ 日本茶 人気おすすめランキング<楽天>

お茶の健康効果 へ

-お茶の健康効果

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.