【抗がん作用】お茶の健康効果は?お茶の成分が、がんの進行や転移を阻止!

更新日:

お茶の健康効果の中には、抗がん作用があることがわかってきました。

お茶に含まれる成分が、がんの進行や転移を阻止するのです。

このページでは、日本茶の健康効果【抗がん作用】について説明しています。

お茶の成分のうち、どんな成分が抗がん作用を発揮するのでしょうか。

→ 日本茶 人気おすすめランキング<楽天>



がんの発症の原因は?

がんが発症する原因は様々です。

たくさんの原因が複雑に関わって、がんの発症につながります。

一般的には、遺伝子のDNAが損傷することによって、正常細胞が突然変異を起こすから、と考えられています。

お茶は、がんを予防する?

お茶の健康効果が研究されるようになってきたのは、がんに関わる細胞の突然変異を抑制する効果がお茶にあるとみなされたから。

お茶に含まれるカテキン成分が、細胞の突然変異や発がん性物質による突然変異を強く抑制することがわかっています。

特に日本人に多い、胃がんの発症を抑える効果があるらしいと考えられるようになりました。

厚生労働省の研究によると、緑茶を1日5杯以上飲む女性では、1杯未満の女性に比べて、胃がんの発症リスクが抑えられる結果がでています。


お茶の成分カテキンが、がんを抑制する

カテキン成分のうち、エピガロカテキンガレート(EGCg)が、発がん・がんの増殖・がん転移に抑制効果を持つという報告が多数されています。

お茶を飲むことで吸収されたエピガロカテキンガレート(EGCg)が、がんに関係するタンパク質や酵素の活性を抑えて、がんの進行・転移を阻害するのです。

日本茶の持つ、がん予防効果についての研究は今なお続いています。

美味しいお茶を入れて、良い研究結果を待つとしましょう。





→ 日本茶 人気おすすめランキング<楽天>

お茶の健康効果 へ

-お茶の健康効果

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.