お茶の健康効果は?お茶の効能を活かして毎日の健康維持に役立てましょう

お茶の健康への効能が近年注目されています。

生活習慣病予防や美肌・ダイエット効果・口臭予防など、お茶の持つ成分が科学的に解明されつつあり、健康への効果が期待できるのです。

このページでは、

お茶の主な4つの成分、カテキン・カフェイン・テアニン・ビタミンの持つ健康効果

美肌・ダイエット効果・口臭予防など、お茶に期待できる効能

お茶の効能が最大限に発揮される「お茶を飲むタイミング」

の3つのテーマについて、わかりやすく解説しています。

知っているようで知らないお茶の健康効果について詳しくみていきましょう。

→ 日本茶 人気おすすめランキング<楽天>





お茶の健康効果別のページに移動できます

お茶の成分【カテキン】

お茶の成分【カテキン】

お茶の成分の代表といえばカテキン。日本茶の渋味と苦味を作り出すカテキンの性質と働きについて知っておきましょう。

お茶の成分【カフェイン】

お茶の成分【カフェイン】

お茶の成分のひとつカフェインは、お茶のさっぱりとした苦味のもと。カフェイン量が多いお茶の種類は何でしょうか?

お茶の成分【テアニン】

お茶の成分【テアニン】

テアニンはお茶特有のアミノ酸。日本茶の甘味とうま味はテアニンを中心としたアミノ酸が由来。テアニンの効能とは?

お茶の成分【ビタミン】

お茶の成分【ビタミン】

お茶のビタミンにはお湯に溶ける水溶性と溶けない脂溶性がありますが、日本茶ならどちらも摂ることが可能です。

【肥満・高血圧・コレステロール】お茶の健康効果

【肥満・高血圧・コレステロール】お茶の健康効果

 高血圧や高コレステロールは、生活習慣病の危険因子とされています。お茶の成分は、肥満・高血圧・高コレステロールにどう役立つのでしょうか。

【抗がん作用】お茶の健康効果 

【抗がん作用】お茶の健康効果 

お茶の持つ「生体調節機能」が、様々な不調に効果が期待されると考えられています。ここでは、お茶の成分カテキンがもたらす抗がん作用について見ていきます。

【抗アレルギー作用】お茶の健康効果 

【抗アレルギー作用】お茶の健康効果 

花粉症・アトピー性皮膚炎・じんましん・気管支ぜんそくなど、アレルギー疾患を抑えるお茶の成分と期待される効用についてはこちら。日本茶の抗アレルギー効果とは?

【認知症・アルツハイマー】お茶の健康効果

【認知症・アルツハイマー】お茶の健康効果 

日本茶は、脳に良い効果をもたらすことが明らかになってきています。ここでは、認知症やアルツハイマー予防作用についてまとめてあります。

【口臭・虫歯予防】お茶の健康効果 

【口臭・虫歯予防】お茶の健康効果 

虫歯や口臭を予防したい。そんな時はこちら。消臭作用をもつ日本茶の成分と働きについて学び、口臭予防に役立てましょう。

【美肌・ダイエット】お茶の健康効果

【美肌・ダイエット】お茶の健康効果

お茶には整腸作用やダイエット効果が期待できます。腹部の脂肪が減ったという報告もあり。お茶で腸内環境を改善!

【殺菌・食中毒】お茶の健康効果

【殺菌・食中毒】お茶の健康効果 

お茶には強い殺菌効果があることが、研究によりわかってきました。「生の魚を食べるお寿司に、なぜお茶が付きものなのか」には理由があるのです。

【疲労回復・風邪予防】お茶の健康効果

【疲労回復・風邪予防】お茶の健康効果

疲れが溜まってくると風邪をひきがち。風邪の時にお茶でうがいをすると、風邪の予防になることはあまり知られていません。

お茶の飲み方【目覚めの朝一】

お茶の飲み方【目覚めの朝一】

1日のスタートに最適なお茶は?時間のない朝だからこそ、短時間で眠気を覚ましてくれるお茶がおすすめ。

お茶の飲み方【食後や休憩時】

お茶の飲み方【食後や休憩時】

リラックスタイムにお茶をゆっくり味わって飲みたい。そんな時はこのお茶。至福の一杯を楽しむチャンスです。

お茶の飲み方【空腹・二日酔い】

お茶の飲み方【空腹・二日酔い】

空腹時や二日酔いのとき、胃にやさしいお茶があると便利です。刺激が強くないお茶を選びましょう。

お茶の飲み方【運動前】

お茶の飲み方【運動前】

ウォーキングや運動など、体を動かす前には筋肉を刺激してくれるお茶を飲むと効果的です。

お茶の飲み方【寝る前】

お茶の飲み方【寝る前】

寝る前に飲むお茶は、カフェインの少ない低刺激のものを。一日の疲れを癒やすお茶を見つけてください。





 

→ 日本茶 人気おすすめランキング<楽天>

オモイカネの知恵袋 TOPへ

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.