【蒸し製玉緑茶】お茶の入れ方。蒸し製玉緑茶の入れ方と特徴・保存方法は?

更新日:

蒸し製玉緑茶の入れ方と特徴は、普通煎茶や深蒸し煎茶と似ています。

蒸し製玉緑茶・釜炒り製玉緑茶・普通煎茶・深蒸し煎茶、それぞれの入れ方と特徴の違いを覚えておけば、お茶の入れ方のレパートリーが一気に広がるでしょう。

このページでは、蒸し製玉緑茶の特徴と入れ方・保存方法について説明しています。

普通煎茶・深蒸し煎茶の入れ方との違いを意識しながら読んでいくのがコツです。

→ 日本茶 人気おすすめランキング<楽天>



蒸し製玉緑茶の特徴は?

蒸し製玉緑茶の特徴は、普通煎茶の製造過程から精揉工程(せいじゅうこうてい)を省いていること。

煎茶のように茶葉を針状にする必要がないので、揉む作業が大幅に省略されてます。

そのため茶葉の形がグリっとよじれた勾玉型にカールしているのが最大の特徴です。

蒸し製玉緑茶=グリ茶と覚えておきましょう。

蒸し製玉緑茶の特徴

味:渋味が少ないまろやかな味
香り:ほのかに爽やかな香り
水色:透明感のある黄緑色

蒸し製玉緑茶の茶葉の特徴

蒸し製玉緑茶の製造では、形を整えるための精揉機(せいじゅうき)を使いません。

そのため茶葉の形が少し曲がった勾玉状になっているのが特徴。

グリっとよじれた外見からグリ茶とも呼ばれています。

蒸し製玉緑茶の入れ方のコツ

蒸し製玉緑茶の入れ方は、渋味がおさえられたまろやかな味を抽出させるのがコツ。

ぬるめのお湯でじっくり浸出し、うま味を最大限に引き出すのが美味です。

あえて熱いお湯でさっと入れる入れ方をして、渋味と香りを楽しむのも良いでしょう。

茶葉が開きにくい場合は、お湯の温度を高くしたり、浸出時間を長くとって調整してみてください。

蒸し製玉緑茶の入れ方(1人分)の基本

茶葉の量:4グラム
お湯の量:100ミリリットル
お湯の温度:70度
浸出時間:30秒



蒸し製玉緑茶の保存方法は?

蒸し製玉緑茶の保存は、他のお茶同様しっかり密閉することが重要です。

茶袋ごと保存するなら、酸化を防ぐために空気を抜いて冷暗所で保管しましょう。

勾玉状の丸みがあるで普通煎茶よりもかさばりますが、お茶缶で保存すれば気になりません。

→ 日本茶 人気おすすめランキング<楽天>

蒸し製玉緑茶の入れ方まとめ

蒸し製玉緑茶の入れ方もまた、普通煎茶と同じ入れ方で入れられます。

基本的な入れ方は同じですが、茶葉の形によって入れ方を工夫するのがポイント。

ぬるめのお湯と熱いお湯の違いを味わってみたり、浸出時間を変えてみて好みの飲み方を見つけてみましょう。





→ 日本茶 人気おすすめランキング<楽天>

お茶の入れ方

-お茶の入れ方

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.