【抹茶】お茶の入れ方は?抹茶の入れ方と特徴・保存方法をご紹介します

更新日:

抹茶というと伝統的な茶道をイメージし敷居が高く感じるかもしれません。

しかし、他のお茶を手軽に入れるのと同様に気楽に楽しむことができるのが抹茶の特徴です。

抹茶には、抹茶の量が多く練るように入れる「濃い茶(こいちゃ)」と、誰でも手軽に家庭でいただける「薄茶(うすちゃ)」の2つがあります。

薄茶はカジュアル抹茶ともいわれ、作法にこだわらず気楽に楽しめるお茶として人気です。

このページでは、抹茶の特徴と入れ方・保存方法について説明しています。

このページを参考に家庭でも抹茶を点ててみてはいかがでしょう。

→ 日本茶 人気おすすめランキング<楽天>



抹茶の特徴は?

抹茶の特徴は、玉露と同じ覆下栽培で作られた茶葉でできていること。

茶葉に覆いを被せ、直茶日光を遮って育てた新芽を摘んだのち蒸気で蒸し、揉まずに乾燥させた茶葉をてん茶といいます。

てん茶を石臼で粉に挽いたものが抹茶になるのです。

抹茶と他のお茶との最大の違いは、茶葉をそのまま飲めること。

茶葉に含まれるビタミンC・ビタミンE・食物繊維などをまるごと摂ることができるので、美容効果も期待できるのが特徴です。

抹茶の特徴

味:濃厚で渋味の中にうま味がある
香り:新鮮な葉の若々しい香り
水色:明るい黄緑色に泡立つ

抹茶の茶葉の特徴

抹茶の茶葉は、てん茶と呼ばれる茶葉を石臼で挽いて粉末状に仕上げたもの。

抹茶色の濃さとうま味の強さは比例し、抹茶の緑が鮮やかで美しいものほど上質で鮮度が高くなっています。

抹茶の入れ方のコツ

抹茶の入れ方といえば、茶筅(ちゃせん)を用いて混ぜ合わせ細かい泡を立てる入れ方を誰もがイメージするでしょう。

抹茶を「入れる」ではなく「点てる(たてる)」というのも抹茶独特の表現です。

抹茶茶碗に適温のお湯を注いだら、茶筅を使ってダマにならないよう素早く混ぜ合わせます。

抹茶はお湯の温度が高いほどきめ細かい泡が立つので手早く混ぜるのがコツ。

細かい泡が立ったら手の動きをゆるめて丁寧に持ち上げます。

抹茶の入れ方(1人分)の基本

茶葉の量:2グラム
お湯の量:60ミリリットル
お湯の温度:80度
浸出時間:お湯を注いだら茶筅で素早く点てる



抹茶の保存方法は?

抹茶の保存方法は、よく売られているプルトップ缶を開缶していなくても冷蔵庫などの低温で保存すること。

抹茶は粉末状になっているので、他のお茶よりも高温・多湿・光に弱く変色・変質が早いから。

冷蔵庫は他の食品の匂いが移りやすく、湿気の遮断も難しいので一度缶を開けたら早めに飲みきりましょう。

→ 日本茶 人気おすすめランキング<楽天>

抹茶の入れ方まとめ

この記事で紹介した薄茶・カジュアル抹茶なら家庭で手軽に抹茶を点てることができます。

抹茶に敷居の高さや作法の難しさを感じる必要はありません。

茶葉をまるごといただく抹茶を飲んで、お茶のうま味や健康成分を体の隅々まで摂り入れてみましょう。





→ 日本茶 人気おすすめランキング<楽天>

お茶の入れ方

-お茶の入れ方

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.