【茎茶(棒茶・雁金・白折)】茎茶の入れ方と特徴・保存方法を紹介します

更新日:

茎茶の特徴は、煎茶や玉露を製造する過程で選別された出物のお茶であること。

茎ばかりを集めているので茎茶といわれています。

茎が棒のような形をしているので「棒茶」とも呼ばれることも。

このページでは茎茶の特徴と入れ方・保存方法について説明しています。

→ 日本茶 人気おすすめランキング<楽天>



茎茶の特徴は?

茎茶の特徴は、日本茶の製造過程で細かい茎や粉をふるい分けられた部分「出物(でもの)」の中から茎を集めて作ったお茶だということ。

玉露の製造過程で出た茎茶は「雁金(かりがね)」や「白折(しらおれ)」と呼ばれ、高級茎茶としてのブランド地位を確立しています。

茎茶は香りを楽しむお茶であることも特徴のひとつ。

そのため何煎もお茶が出ないタイプのお茶だということも覚えておきましょう。

茎茶は焙煎の具合いによって香りに差が出るため好みが分かれるお茶かもしれません。

テアニン(アミノ酸類)の含有量が多いためリラックス効果も期待されています。

近年ではその栄養価の高さ、体への刺激が少ないことからマクロビオティックでもよく使われている注目のお茶です。

茎茶の特徴

甘味が強いので好みがわかれるお茶です

茎茶の特徴水色味香り

テアニン由来の甘味がよくわかります

茎茶の特徴

味:すっきりとした中に甘味もあり
香り:フレッシュで清涼感がある
水色:淡い黄緑色

茎茶の茶葉の特徴

ほんとに茎ばかり

茎茶の茶葉

最上茎茶を入れてみました

茎茶の茶葉の特徴

茎茶の茶葉は、茎ばかり集めたお茶なのでツンツンしているのが特徴。

茶柱が立つと縁起がいいといわれるときの茶柱は、この茎の部分のことです。

茎茶は香り高く甘味も豊富なので、ブレンドに向いているという特徴もあります。

茎茶の入れ方のコツ

茎茶の基本の入れ方は、普通煎茶の入れ方と同じです。

茎ばかりでかさばり実際よりも多く見えるので、はじめは茶葉の分量をきちんと計って入れましょう。

高温で入れるとシャープな味わいの特徴が出ます。

反対に浸出時間を長くとって蒸らすと甘味が引き立つ味わいに。

温度を変えることで味の違いが楽しめるお茶です。

ふるい分け元が玉露の茎茶「雁金(かりがね)」の入れ方は玉露と同様、低温でゆっくりと浸出させるのがコツです。

茎茶の入れ方

茶葉の分量をきちんと計るのがコツ

茎茶の入れ方コツ

低温でじっくり浸出させます

茎茶の入れ方(1人分)の基本

茶葉の量:2グラム
お湯の量:70ミリリットル
お湯の温度:80度
浸出時間:1~2分



茎茶の保存方法は?

茎茶の保存方法では、爽やかな香りの風味を損なわないように工夫したいところ。

冷蔵庫で保存するなら、他の食材の匂いがついてしまわないように。

密閉容器に入れたら乾燥剤も一緒に入れておくのがおすすめです。

開封したら1ヶ月を目安に飲みきりましょう。

茎茶の入れ方まとめ

茎茶の入れ方の特徴は、独特の爽やかな香りを最大限に引き出す入れ方をするところ。

ぬるいお湯でゆっくり浸出させる入れ方をする「雁金」の風味をぜひ一度味わってみてください。

実は、出物はふるい分け元の煎茶や玉露よりも劣るとされ、価格・評価ともに下のランクにされているものがほとんど。

だからこそ、出物の品質に仕入れの実力が現れるといわれます。

日本茶専門店で煎茶・玉露と茎茶(出物)を飲み比べてみて味の差が少ないならば、その日本茶専門店は出物の仕入れにも手を抜かない良い専門店だといえるでしょう。





→ 日本茶 人気おすすめランキング<楽天>

お茶の入れ方

-お茶の入れ方

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.