【玉露】お茶の入れ方は?玉露の入れ方と特徴・保存方法を紹介します

更新日:

玉露とは、独特のうま味を持つ高級日本茶の代表として知られるお茶のこと。

はじめて玉露を味わうと「これが今まで飲んでいた日本茶と同じお茶?」と驚くといいます。

実は、他の日本茶とは比べられないほどの深い味わいには秘密があるのです。

このページでは、玉露の特徴と入れ方・保存方法について説明しています。

玉露の特徴と入れ方を知り、「玉の露」が転がるような喉ごしを味わってください。

→ 日本茶 人気おすすめランキング<楽天>



玉露の特徴は?

玉露の特徴は、うま味成分であるテアニン(アミノ酸)が多く含まれていること。

玉露の強い甘味とうま味の秘密は、茶葉の育て方にあります。

煎茶とほぼ同じ製法で作られますが、煎茶が太陽の光を浴びた新芽で作るのに対し、玉露はよしずやすだれで茶園に覆いを被せ、直射日光が当たらない薄暗い環境で栽培されます。

この栽培方法は、覆下栽培(おおいしたさいばい)または被覆栽培(ひふくさいばい)といわれます。

覆下栽培は、渋味成分のカテキンが増えるのをおさえ、うま味のテアニンが減るのを防くだけでなく、覆い香(おおいか)と呼ばれる海苔に似た独特の香りを生み出しているのです。

ちなみに20日以上覆いをかけたものを玉露、それより短期間のものをかぶせ茶と呼びます。

玉露の特徴

味:うま味が濃厚で渋味が少ない
香り:覆い香という海苔に似た香り
水色:透明に近い薄い黄色

玉露の茶葉の特徴

玉露の茶葉は濃い緑色で、上質なお茶ほど細くよれているのが特徴です。

玉露の入れ方のコツ

玉露の入れ方は、低温でじっくりうま味を引き出すのが正しい入れ方です。

とろっとした口当たりと濃厚なうま味を引き出すポイントは、お湯の温度。

最高級玉露は50度、並の玉露は60度のお湯で時間をかけてゆっくり浸出させます。

低温で入れる玉露は濃厚なうま味を少量でいただくので、お茶の葉の量・お湯の量にも注意しましょう。

玉露用の小さな湯のみ茶碗(50ミリリットル程度)に注ぎ、のどを潤すためでなく、濃厚なうま味を一滴一滴じっくり味わうのが一般的な飲み方。

少量を少しずつ飲むので3煎目まで楽しむことができます。

玉露の入れ方(1人分)の基本

茶葉の量:5グラム
お湯の量:35ミリリットル
お湯の温度:50度
浸出時間:2分



玉露の保存方法は?

玉露の保存方法は、茶袋のままでなく茶缶などに移し、空気に触れないようにしっかり密閉すること。

高級茶とされる玉露だけに保存状態には気を遣いましょう。

できれば100グラム以下の少量で買い、2週間くらいで飲みきるのがおすすめです。

→ 日本茶 人気おすすめランキング<楽天>

玉露の入れ方まとめ

玉露の入れ方は、50度くらいの低温で時間をかけてゆっくり丁寧に入れる。これに尽きます。

低温のお湯で入れる入れ方をマスターし、玉露独特のとろりとした甘味やうま味・覆香の風味をぜひ一度堪能してください。





→ 日本茶 人気おすすめランキング<楽天>

お茶の入れ方

-お茶の入れ方

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.