【玄米茶】お茶の入れ方は?玄米茶の入れ方と特徴・保存方法をご紹介

更新日:

玄米茶といえば、茶葉と一緒に香ばしく炒られた玄米がブレンドされているお茶のこと。

その見た目は日本茶の中でもっとも彩り豊かなお茶といえます。

香ばしい味わいとカフェインが少なく飲みやすい玄米茶は、女性を中心に人気です。

このページでは玄米茶の特徴と入れ方・保存方法について説明しています。

→ 日本茶 人気おすすめランキング<楽天>



玄米茶の特徴は?

玄米茶の特徴は、お茶と炒り米を1対1の割合で混ぜ合わせたブレンド茶であること。

炒ったお米が香ばしく、お米と茶葉の割合によって味わいが変化するのが特徴といえます。

玄米茶が入っているので玄米茶といわれますが、実際には白米やうるち米・もち米が入っていることが多いです。

昭和初期、京都の茶商が正月の鏡餅を割ってできた細かい破片を炒り、お茶に混ぜて飲んだのがはじまりとされています。

最近では、ブレンドする茶葉を好みの量にカスタマイズできる日本茶専門店も増えていて、抹茶を入れたり玉露をブレンドしたり楽しみの幅が広がっているのも見逃せません。

また、玄米茶のこんがりした香りにはリラックス効果があると期待されているので、リラックスしたいときにもぴったり。

日本茶の中では歴史が浅い玄米茶ですが、これからの人気に注目しましょう。

玄米茶の水色の特徴

炒り米の香ばしさが特徴です

玄米茶の特徴

飲みやすい味でリラックス

玄米茶の特徴

味:さっぱりとして飲みやすい
香り:炒り米の香ばしさが際立つ
水色:淡い黄緑色(使っているお茶により異なります)

玄米茶の特徴【茶葉】

彩りがキレイで見た目も映えます

玄米茶の茶葉の特徴

特上玄米茶を入れました

玄米茶の茶葉の特徴

きつね色の炒り米と番茶の組み合わせが一般的。

煎茶や深蒸し煎茶・抹茶入りのものなどバリエーションが豊富です。

ポップコーンのような白いものは、お米をはぜさせたもの。飾りなので味わいや香りに影響はありません。

玄米茶の入れ方のコツ

玄米茶の入れ方は、玄米と茶葉の分量をバランスよく。

大きめの急須にあらかじめ計量しておいた玄米茶を、玄米と茶葉がほどよく混ざった状態で入れるのがコツ。

玄米の香りを際立たせるために温度の高いお湯で入れるのが、玄米茶の入れ方にかかせません。

温度が低すぎると香りが薄れてしまうのでご注意を。

玄米茶の入れ方

炒り米と茶葉をバランスよく

玄米茶の入れ方基本

沸騰したお湯を一気に注ぎます

玄米茶の入れ方(1人分)の基本

茶葉の量:3グラム
お湯の量:130ミリリットル
お湯の温度:100度
浸出時間:30秒



玄米茶の保存方法は?

玄米茶の保存方法は、できるだけ冷蔵庫での保存を避けること。

玄米茶は他のお茶よりも匂いを吸着しやすい性質があり、鮮度が落ちやすい特徴もあります。

開封したら湿気ってしまう前に飲みきりましょう。

またブレンドされた玄米茶は保存方法により玄米と煎茶が偏ることも。

飲む前に軽くかき混ぜてバランスよい入れ方をするのがポイントです。

玄米茶の入れ方まとめ

玄米茶の入れ方は、番茶・ほうじ茶と同様に熱湯でさっと入れるのが基本。

使われるお米の種類は様々ですが、一般的にもち米の方が香り高く上級品とされています。

玄米と茶葉の割合を自分好みにブレンドできる日本茶専門店を探してみましょう。

お気に入りの玄米茶がきっと見つかります。





→ 日本茶 人気おすすめランキング<楽天>

お茶の入れ方

-お茶の入れ方

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.