ネメシス3話タイトル【考察】美女と野獣と数字「3」が伏線だった!

ネメシス

ネメシス3話タイトル【考察】美女と野獣と数字「3」が伏線だった!を深掘り!

ズバリ!ネメシス3話タイトル『美女と爆弾と遊園地』は『美女と野獣』(2017年の実写映画)のオマージュ!という考察をしていきます。

【無料登録で600ポイント】広瀬すず・橋本環奈出演作品を無料で見る方法!

ネメシス3話タイトル『美女と爆弾と遊園地』は『美女と野獣』(2017年の実写映画)のオマージュ【考察】

伏線はマジックナンバー「3」

ネメシス3話は頻繁に「3」という数字が出てきます。

3話にちりばめられた伏線を、マジックナンバー「3」という切り口で考察していきます。

ボマーの「3」3つ目の標的・3つの爆弾

今回3話のボマーって、2話でテレビのニュースになっていたのを覚えていますか?

犯人は過去2回、爆破事件を起こしています。八景島シーパラダイスが3つ目の標的。

そして園内に3つの爆弾を仕掛けているのです。

朋美の「3」3話目で初登場

八景島シーパラダイス内のアトラクション「手錠ペアでデッカイから抜け出せ!」に入ろうか迷っているアンナに、朋美が近づいてきたのが出会いのきっかけでしたね。

ネメシスの「3」依頼3件目

八景島シーパラダイス爆破事件は、栗田探偵事務所からネメシスに名称変更してから3番目の依頼。

依頼主が事務所に来てお願いするという過去2回とは異なる形で引き受けました。

【ネタバレ注意】ネメシス考察!3話の捜査日が不明なワケは?事件を時系列で並べ直したら伏線発見!

入江悠監督の「3」3ヶ月目に週末観客動員数を抜く

3話タイトル『美女と爆弾と遊園地』が『美女と野獣』(2017年実写映画)のオマージュだと考察する理由がこれです。

エマ・ワトソン主演の映画『美女と野獣』が2017年4月に公開されました。

封切りされてからずっと週末観客動員数が1位だったのです。(ちなみに『美女と野獣』アニメと実写版はどちらもU-NEXTで観られます)

そして3ヶ月目、『美女と野獣』の週末観客動員数を抜いて1位に躍り出たのが、入江悠監督の『22年目の告白 -私が殺人犯です-』(藤原竜也)だったのです!

入江監督は3ヶ月目に順位をひっくり返したから、3話タイトルを『美女と野獣』(2017年実写映画)からとったのでしょうか?

本ページの情報は2021年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

ネメシス3話タイトル【考察】美女と野獣と数字「3」が伏線だった!まとめ

ネメシス3話タイトル『美女と爆弾と遊園地』は『美女と野獣』(2017年の実写映画)のオマージュ!という考察をしてきました。

美女と野獣との共通点は他にもあるかもしれませんね。

【人気】VODサービスおすすめは? 動画配信比較ランキング!

タイトルとURLをコピーしました