夏越の祓とは?茅の輪くぐりで祓いを行う作法や由来を紹介!

投稿日:

夏越の祓に茅の輪くぐりを実際に行ってきたので紹介します。

茅の輪くぐりの由来や意味・くぐり方の作法を知り、上半期の穢れ(けがれ)や災いを祓ってしまいましょう。

このページでは、夏越の祓いについて写真つきでわかりやすく解説しています。



夏越の祓(なごしのはらえ)とは?

夏越の祓とは、6月30日に心身の穢れを祓うために行われる神事のこと。

6月の晦日(みそか)に行われる「夏越の祓」は、12月大晦日(31日)の「年越の大祓」に対応しています。

一年を「正月~6月」と「7月~12月」にわけ、半年間に犯した罪や穢れを祓う風習として各地に残っているんですね。

夏越の祓の方法は2つあり、ひとつは、神前に設けられた「茅の輪」をくぐるもの。

もう一つは、名前と年齢を書いた人形(ひとがた)で体を撫で、神社に納める方法です。

今回は実際に「茅の輪くぐり」を行ってきたので、意味や由来について詳しく説明していきます。

ミネルバ君
人形って何?
オモイカネ
紙で人の形を作り、それで体をなでるとその人の災いが人形に移るというものじゃ。形代(かたしろ)や撫物(なでもの)ともいうぞ

夏越の祓に茅の輪くぐりをする意味や由来は?

茅の輪くぐりの由来と意味

茅(かや)や藁(わら)などを束ねて作った直径2~3メートルの大きな輪「茅の輪」は、神社の鳥居の下や拝殿の前に設けられています。

ミネルバ君
茅の輪くぐりの意味や由来って?
オモイカネ
むかしむかしのお話じゃ…

茅の輪くぐりの由来

蘇民将来(そみんしょうらい)と巨旦将来(こたんしょうらい)の兄弟のところに、スサノオノミコトが「一晩泊めて」とお願いしたんじゃ。

じゃが弟の巨旦は断り、兄の蘇民が手厚くおもてなしをした。

するとスサノオノミコトは巨旦の無礼に怒って村に疫病を流行らせ、巨旦の一族を滅ぼしてしまうのじゃ。

一方、兄の蘇民一族には、茅の輪をつけさせ災厄から守ったんじゃな。

そして「これからも、この茅の輪をつければ蘇民の子孫は疫病にはかからない」と約束したのじゃ。

この言い伝えが茅の輪くぐりの由来と考えられておるぞ。

茅の輪くぐりの作法は?

茅の輪くぐり方の作法

茅の輪くぐりの作法は神社によって異なりますが、「3回くぐる」という点は同じです。

ここでは、私が訪れた神社での作法を紹介しますね。

茅の輪のくぐり方作法

茅の輪をくぐったら左回りにまわります。

もう一度くぐったら今度は右回り。

よこ八の字の形で回り、最後にくぐったら参拝。

というのが作法です。

神社によっては、

麻の葉を2~3枚紙に包んで持ちながら、輪の中に左足から入り

くぐるときに、和歌「水無月の夏越の祓いをする人は千歳(ちとせ)の命(いのち)延(の)ぶというなり」と唱えながらくぐる

という作法をとっているところもあります。

詳しくは、訪れる神社の神主さんに聞いてみましょう。



茅の輪くぐりの時期は?いつからいつまで?

夏越の茅の輪くぐりの時期は、旧暦6月の最終日。

現代の6月30日は旧暦でいうと5月上旬ごろなので、夏越の茅の輪くぐりを現在の7月に行っている神社もたくさんあります。

7月の晦日(31日)に茅の輪くぐりを行うところも多いので、お近くの神社に聞いてみましょう。

ミネルバ君
6月30日に穢れをはらえなかった!
オモイカネ
神社によっては7月いっぱい茅の輪を置いているところもあるぞ。半年分のおはらいをするならまだ間に合うかもしれぬ!

夏越に和菓子「水無月」を食べるのはなぜ?

「水無月」とは、三角に切った白い外郎(ういろう)に小豆を乗せた和菓子のこと。

和菓子「水無月」を夏越の日に食べると邪気をはらえるという意味があります。

夏の厄除けには氷を備えて氷を食べる風習があるので、和菓子「水無月」も氷を見立てたものになっているのです。



夏越の祓とは?茅の輪くぐりで祓いを行う作法や由来を紹介!まとめ

夏越の祓に茅の輪くぐりを行ってきた様子とともに、茅の輪くぐりの由来や意味・作法を紹介してきました。

実は、今回の茅の輪くぐりがはじめての体験だったのですが、神社には500人近くの人が訪れていたのです。

日本に伝わる良き風習も、知らなければ経験することができません。

この記事をきっかけに、「夏越の茅の輪くぐりで半年間の厄災をはらおう」という方がひとりでも増えれば幸いです。







 

6月の行事

裏・オモイカネの知恵袋

夏越にはぜひ、和菓子「水無月」を食べて邪気を祓いましょう。

でも、「水無月」ってなかなか見つからないんですよね…。

近所のスーパーや和菓子屋で探しても「水無月」が置いてありません。

そこで、夏越の時期にふさわしい和菓子を届けてくれるネット通販がないか探してみました。

「夏を涼しく過ごせる、夏越にちなんだお菓子はないかな?」とネット通販で探していたところ、評判・品質ともに評価の高いものを見つけました。

これです。

数量限定・夏季限定、去年は3万セット完売した人気のセット、その名も「夏越し歌」です。

「本当に3万セット完売したの?」と疑問に思ったので、この「夏越しの歌」をリピートしている購入者のレビューをチェックしてみることにしました。

私が参考にした口コミがこちら → 楽天の購入者レビュー

なるほど、350件以上のレビューでこの高評価。

お中元や内祝いで利用している方がたくさんいるんですね。

「相手の方に喜んでいただいた」というレビューの多さが品質を物語っています。

いろいろなレビューを見た中で、今回購入を決めたのはこちらです。

決め手は、お中元ギフトの定番にできるほどの品であること。

このお値段とは思えないほどのたくさんの種類がびっしりで、上品な風呂敷に包まれて届くこと。

水無月「夏の宵」も入っています。

なるほど、3万セット完売するのも納得です。

大切な人への贈り物として、「夏越しの歌」はいかがでしょう?

【数量限定】夏の京の贈りもの 夏越し歌 大缶(25袋+涼菓6個約1.72kg)(係数25)■□お中元 ギフト【02P03Dec16】

-網戸の張り替え

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.